もう少し盛り上がってもいいのになぁ

先日、神戸国際フルートコンクールが終わりました。

日本人の方も3位に入賞されたのですが、

ニュースやワイドショーで全然取り上げてくれなくてとても悲しいです……

ショパンピアノコンクールのときは、あれだけ盛り上がっていたというのに……

フルートって、まだまだマイナーな楽器なんでしょうか・・・

神戸国際フルートコンクールは、

世界三大フルートコンクールの1つと言われ、

4年に1度開催されています。

過去には、

エマニュエル・パユ(ベルリンフィル首席)、

エミリー・バイノン(ロイヤル・コンセルトヘボウ首席)

マテュー・デュフォー(ベルリンフィル首席)

デニス・ブリアコフ

など、有名人をたくさん排出している、

非常にレベルの高いコンクールです。

日本人でも、

第6回(2005年)に高木綾子さんなどが入賞されています!

神戸国際フルートコンクールは2015年、

神戸市が、このコンクールへの補助金を打ち切ると発表し、

次回大会の開催が危ぶまれ、

フルート業界はちょっとした騒ぎになりました。

でも、エマニュエル・パユなどが反対運動をしてくれて、

署名活動などが始まり、

今回も無事に開催されました。

今回は、コロナ禍ということで、

すべての審査がオンラインとなりましたが、

それでも、中止になるよりは、開催されて本当に良かったと思います。

そして、私たちも、

演奏を動画で聞くことができて、

本当にありがたいです。

いつもは、演奏を聞くことができず、

順位だけみて「へぇー!」ってなるしかなかったので、

予選から、全ての演奏を動画で聴けるのは本当に貴重だなぁと思います。

世界のトップレベルの演奏ですから、

ぜひぜひ、どれか1曲でも、演奏を聴いてみてください!

こちらは、ファイナルの6名の演奏動画です。



曲は、モーツァルトの協奏曲2番と、

マルタン作曲のバラードという曲です。

全く違う2曲を、それぞれどのように表現しているのか、

何度も聴き比べられるなんて、

この上ない贅沢ですよ~!