一流の演奏家と名曲


ゴールデンウィークなのに外出できない、


そんな時にはゆっくり一流の演奏を聞くことも、


上達する上で、とても助けになります!



というわけで、


「フルートを演奏する人なら知っておきたい演奏家と楽曲」


と題してお送りする第1回目は、


日本が誇るこの方、高木綾子さんです!


曲は、モーツァルトのフルート協奏曲第1番で、

この曲も、フルートを勉強する上では欠かせない曲です。






高木綾子さんの演奏は、


フルートではなくて、歌っているように見えて、


楽器特有の難しさ、


たとえば、タンギングが、、、とか、


指が、、、とか、


高い音が、、、とか、


そういう技術的な難しさを感じさせない演奏で、



「フルートってこんなに簡単だったっけ?」


と思ってしまうような演奏だなぁと感じます!




一度、バックのオケでご一緒させていただいたことがあるのですが、


楽屋でもとても気さくなお人柄で、


ますますファンになってしまうような方でした!




モーツァルトのフルート協奏曲1番は、


2番と共に、


フルートを勉強する上では欠かせない協奏曲です。



私が高校生の頃に、ムラマツの新宿店に行き、


フルートの勉強をしたいので、


何かオススメのCDをください!


と店員さんに言って出してもらったCDが、


このモーツァルトのフルート協奏曲1番と2番のCDでした。


(演奏は二コレでした。)



楽譜も買って、練習しましたが、


当時は全然吹けなかったですね・・・。


大学生になってから、私は勉強しました。



この曲は、上手に演奏するのが本当に難しいですが、


名曲ですので、


特に高校生の学生さん、ぜひいつかチャレンジしてください!