top of page

伴奏合わせ、終了!

昨日、発表会の伴奏合わせが無事に終了いたしました!


みなさま、大変お疲れ様でした!


全員が、きちんと時間通りにお越しくださり、


滞りなく伴奏合わせを進めることができました。


本当に、ありがとうございます!




今まで、特に初心者の方は、


ピアノの先生がいると緊張して音が出なくなったり、


息が続かなくなったりすることも多いですが、


今回、フルートの生徒さんは、


「初めて発表会に出る」という方がいらっしゃらないので、


みなさま、緊張されながらも普段の実力を発揮できているように思いました。



ピアノの前奏に思わず「わぁ!カッコいい!」と感動している方や、


ピアノの伴奏に乗って、いつもより気持ちよく演奏される方など、


それぞれに楽しんでいただけたようで良かったです!




そして、今週の土曜日は、アンサンブルの合わせです!


これは楽しみですね~!!


がんばりましょう!



 



ピアノの先生とのコラボ動画、


今回は、モーツァルトのクラリネット協奏曲を演奏しました。


なぜにクラリネット!?と思われるかもしれませんが、、、


ごもっともです。。。



フルートの協奏曲があるではないか!!



そう思いますよね。




でも、このクラリネット協奏曲、


本当に名曲なのです!


これが古典!?と思ってしまうほど、感動的な旋律・・・。



この曲が好きすぎて、


大学生の時に3楽章をお客様の前に演奏しました。


あれは、すみだトリフォニーホールだったかな・・・?


友人と一緒にコンサートを開催したのですが、


今思えば、よくあんないいホールとったもんだ!笑


それならあの時フルートの協奏曲をやっておけばよかった…と思わなくもないですが、


まぁ、それくらい好きなんです。




それ以降、演奏する機会に恵まれず、


今回、思い立って1楽章をピアノの先生に付き合っていただきました。




今回のように、ほかの楽器のために書かれた曲を演奏する場合、


問題となってくるのは音域です。


クラリネットは、フルートの最低音のオクターブ下くらいから、


上はフルートと同じくらい出せるんですよ。。。


フルートは約3オクターブですが、クラリネットは約4オクターブも出せるんですね。


なんてうらやましい…



もうこうなってくると、転調したりしても無理ってことで、


フルート版に編曲された楽譜で演奏したのですが、


大事な大事な旋律も変わっちゃってて、


とても複雑な思いですが、


この曲の雰囲気だけでも味わえて楽しかったです!


この楽譜は、調べたらもう絶版になっておりました…。



2楽章もとーーっても美しいので、いつか2楽章もやりたいです!




ぜひ、本物のクラリネット協奏曲も聴いてみてください!


カデンツァは、ザビーネ・マイヤーさんの演奏を参考にしました。




Comments


bottom of page