夜に駆けてしまいました


ピアノの先生側からリクエストがあり、


ワカモノに有名な曲を演奏してみました。



私、恥ずかしながら、この曲を全然知らなかったので、


(タイトルだけは知っていました)


1から、曲を勉強することになったわけです。




サラッと原曲を聞いてみたところ、



・冒頭から、ピアノと歌の音がぶつかってるなぁ


・メロディのフレーズと、歌詞の言葉の切れ目が違うから

どうやって演奏しよう。。。


・コーラスが変な音するぅ><



とまぁ、こんな感想を持ちました。



若者にすごく流行っている(た?)曲なので、


何か刺さるところがあるんだろうと思うんですが、


本日ヨソジを迎えたワタクシ、


刺さりポイントが全くわからず、情けない限り・・・(悲)



しかし!


クラシック奏者たるもの、


作曲家リスペクトで楽曲を演奏するのが使命。


今回のような歌モノにあたっては、


原曲と歌手に敬意を払って演奏するのが使命です。



というわけで、


曲の構成や、歌詞の意味などを勉強し、


原曲を聴き込んだ上で演奏に挑みました。



こういう楽曲をフルートで演奏するのは


とても難しいものがありますが、


Youtubeで検索すると、たーっくさんのフルート奏者が


この曲を演奏してました(驚)




こういった歌モノというのは、


だいたい、歌の音域というのが1オクターブ半くらいなので、


フルートで演奏しようと思えば、


ほぼどんな曲でも演奏できますので、


好きな曲があって、フルートで演奏してみたい!という方は


ぜひご相談ください!