夢に向かって


新型コロナウィルス感染症の話題ばかりで、気分が滅入ってしまうことも多いですが、


なんとかいい方向に向かってくれることを願うばかりです。



年度末というこの時期、


学生さんは、定期テスト、定期演奏会、受験、卒業、入学、、、など、


人生の中でとても大きなイベントが目白押しですが、


これらの中止は学生さんにとって本当に辛いと思います。


なんと声をかけていいか、わかりません。



特に、生徒さんの定期演奏会の中止は、


頑張ってきた姿をそばでずっと見てきたこともあって、本当に辛いです。



音楽業界も、コンサートなどは次々と中止になっていて、


こちらも影響はとても大きく、周りの演奏家などからも様々な声が入ってきます。


世間では、損害額のことの方が大きく伝わっていますが、


プロの現場も、一生懸命準備してきたのは学生さんと変わらないので、


みんな悔しい思いをしています。


私も少なからず影響を受けています。




学生さんは、学校に行けずそろそろストレスが溜まりそうですし、


大人たちも落ち込みモードなので、


ここで、私の個人的な、夢が広がる話をさせてください。





小学5年生の11月からレッスンをさせていただいていて、現在中学3年生の生徒さんが、


このたび、音楽大学の付属高校に合格いたしました!


春から音高生です!本当におめでとうございます!!




私は、このホームページでも表明している通り、


音楽高校や音楽大学の進学を、おすすめしていません。


理由はいろいろあって簡単には説明できませんが、とても厳しい世界だからです。


絶対ダメとは言いませんけど、