夢に向かって


新型コロナウィルス感染症の話題ばかりで、気分が滅入ってしまうことも多いですが、


なんとかいい方向に向かってくれることを願うばかりです。



年度末というこの時期、


学生さんは、定期テスト、定期演奏会、受験、卒業、入学、、、など、


人生の中でとても大きなイベントが目白押しですが、


これらの中止は学生さんにとって本当に辛いと思います。


なんと声をかけていいか、わかりません。



特に、生徒さんの定期演奏会の中止は、


頑張ってきた姿をそばでずっと見てきたこともあって、本当に辛いです。



音楽業界も、コンサートなどは次々と中止になっていて、


こちらも影響はとても大きく、周りの演奏家などからも様々な声が入ってきます。


世間では、損害額のことの方が大きく伝わっていますが、


プロの現場も、一生懸命準備してきたのは学生さんと変わらないので、


みんな悔しい思いをしています。


私も少なからず影響を受けています。




学生さんは、学校に行けずそろそろストレスが溜まりそうですし、


大人たちも落ち込みモードなので、


ここで、私の個人的な、夢が広がる話をさせてください。





小学5年生の11月からレッスンをさせていただいていて、現在中学3年生の生徒さんが、


このたび、音楽大学の付属高校に合格いたしました!


春から音高生です!本当におめでとうございます!!




私は、このホームページでも表明している通り、


音楽高校や音楽大学の進学を、おすすめしていません。


理由はいろいろあって簡単には説明できませんが、とても厳しい世界だからです。


絶対ダメとは言いませんけど、


ふんわりと「やめといたら~」と言って、違う方向に持っていくようにしています。


これについては賛否あると思うのですが、、、


私の母は、「そんな、夢を壊すようなことを言わなくても、、、」と言いますし。




なぜか私は中高生から、


音楽高校や音楽大学に行きたい!と相談されることがけっこう多いのですが、


そのたびに、私が経験してきた様々な話をして、現実を教えるということをしてきました。



今回、音高に合格された生徒さんは、


小学校6年生の時に音高に行きたいと言ったので、


私はいつものように


「いやぁ~、とりあえず高校は普通の高校に行って、大学受験の時にもう一度考えたら?」


と言いました。



中学は吹奏楽部に入って、嫌でも練習しなければならない環境に身を置きながら、


レッスンにも通ってくれました。


そして、3年生のコンクールも終わり、いよいよ高校受験というときに、やっぱり音高に行きたいと。




才能ある人たちが努力をしている、という恐ろしい世界に、


何も知らずに部活の延長で飛び込んだ私は、



先生から「とりあえず、高校はやめといたら?」と言われても突き進む中学生を見て、


これもまた才能だと思いました。


先生と同じ道に進みたい、と言われて、嬉しくないわけがないですよ、かわいいです、本当に。


かわいいからこそ反対していたのですが、、、


3年間気持ちも変わらなかったので、それなら一緒にがんばりましょうか、


というわけで頑張って、見事合格!!




これからが本当に大変ですが、


大変な思いをする分、素晴らしい景色を見られるというのもまた事実。


ぜひがんばって学校で色々なことを勉強してもらって、


いつか一緒に演奏の仕事ができたらいいなぁ、


そして、そのあとの打ち上げでお酒なんて交わせたら、もう最高だなぁ~なんて!!



夢は広がるばかりです~