感じるままに

さて、早速ですが、

いまから私、老害発言しますので、

みまさまはどう思われるか、、、

お時間ある方は、ぜひ一緒に聞いて、考えて欲しい、

というか、感じてみてほしいです!

まずはこの曲を、

最初から0:18までの、18秒間、聞いてみてください。





次に、この曲を、

0:40~1:05の、25秒間、聞いてみてください。


どんな感想を持ちましたか?

特に違和感のない方、、、

お耳がとても若いです~!(←私調べ!笑)

時代についていってます!!

そして違和感を感じた方は、

その感覚を大切にして欲しい。

今回はそういうお話です。

まず1曲目について、

歌の歌詞の「安心して」の「て」~「おくれてないから」の部分。

発売当時、とても話題になりました。

作曲家のミスなのではないか?

歌が音とれてない?

自分はこんな音許せない!

めちゃくちゃカッコいい!

何度か聞いていたら気にならなくなってきた!

などと、ネット上でいろんな意見が聞かれました。

2曲目は、

最近ドラマのOPに使われていた曲です。

1:00〜の「夏の午後に夢見る~」の部分。

女性と男性がハモってるんですが、

このハモリが、クラシック音楽では禁止とされているハモリ方なんですよね。

この曲はポップスだし、音楽に正解はないので全然いいというか、

私が老害なだけなんですけども、

けっこう気になっちゃうんですよ(悲)

みなさまはどのように感じましたか?

発表会まで2ヶ月を切りまして、

みなさまの練習にもますます力が入ってくる時期ですが、

曲をずっとずっと長い期間練習していると、

もちろん技術的には上達するのですが、

一方で、初めてその曲を聴いたときの引っかかりとか、

感動とか、新鮮な気持ちというのは、

どうしても失われていきやすいと思います。

それは練習をすればするほど、そうなっていってしまいがちかもしれません。

なので、初めてその曲聴いたときに感じた

「ここのメロディ好きだな」とか、

「ここのピアノとの掛け合いおもしろいな」とか、

「ここの和音進行が変わってるな」とか、

曲に対して何か感じたことを、もう一度思い出して演奏してほしいです。

なかなか難しいことではありますが。。。

例えば転調している箇所なんかも、

最初は転調したところでテンションあがるな~と思っていても、

ずっと練習していると、それが当たり前になってしまって

ただ何の感情もなく吹いてるだけになってしまったり・・・

人それぞれ感じ方が違うからこそ、

そういうものを大事にして演奏したいな、と思うのでありました。

演奏する方が何も感じていないと、お客様には伝わらないので・・・

私にとっても、永遠の課題です。。。