top of page

続・譜読みが遅い人


ヒマすぎて、ドラえもん塗り絵なんて公開していたら、


急に、どどーんと忙しくなってしまい、、、


締め切りに追われておりましたが、


やっと落ち着いたと思ったら6月が終わろうとしていますね…



 


前回のブログで、



これを読んでくださった生徒さんが、


数人、この楽譜を買ってくれました~!


向上心があって素晴らしいです、みなさん~(感動!)



ブログを書く前からもうすでにやっている生徒さんも多いですし、


初心者の方は少し先のことにはなるのですが、


持っていて損のない楽譜だと思うので、


持っていない方は、


ぜひ、恐いもの見たさでお手にとってみてください!笑


 


そんなこんなで、ちょっぴり反響の多かったこのブログに、


質問が相次いだので、


今回はその質問についてお話ししたいと思います。



「自分は、音はすんなり読めるんだけど、リズムが読めない。


それもタファネルゴーベールで解決できるのですか?」


という質問がありました。



たしかに、音を読む(ドレミを読む)ことと、


リズムを読むことは、また違った技術のような気がしますね。




まず、譜読みが苦手な人というのは、


ほとんどの場合、


音とリズム、両方が読めないんですね。



音をすんなり読めるようにすることは、


努力次第でできるのですが、


リズムの場合は、確かに、身体で覚える部分や、コツも多くてちょっと難しいです。




音というのは、


時間をかければ私が教えなくても読めますよね。


(下から数えていけばいつかは読めるので)


なので、私が教えることはないんです・・・。


レッスンで、一緒に譜読みをお手伝いすることもできるのですが、


それは生徒さん一人でも練習でできることなので、


それにレッスン時間を費やしてしまうのは、レッスン料のムダにもなります…


(家で練習できない、レッスン以外に練習する時間/場所がない、などの理由で


レッスン中に譜読みをお手伝いすることはもちろんありますし、


生徒さんがそれでよければ、私の方は全然かまわないですよ!←大人の生徒さんのみです~)



なので、


リズムは読めなくてもいいので(テキトーでいいので)、


音だけでも読んできてほしいと思っているんですね。


そうしたら、リズムはレッスンでコツとかを教えることができます。




その、音を読むのを速くする練習が、タファネルゴーベールなのです。


タファネルゴーベールで、リズムも読めるようにはならないですね・・・。


(ただ、様々なアーティキュレーションのパターンが載っていて、


それに左右されることなく演奏することができるか、というのは重要です!)




リズムについては、これもパターンになっていることが多いので、


様々な、たくさんの練習曲をやることによって、そのパターンが身についていくように思います。


リズムは、できるところまで生徒さんにやっていただいて、


その間違えを直したり、考え方を教えたりして、だんだんと身についていくものかなぁと思います。



ただ、極端にリズムだけがダメだとか、


そこを強化したいと考えている生徒さんには、


リズムに特化した練習方法もレッスンで取り入れてみようと思い、


いろいろな本を読み漁り、勉強しておりまして、


ひとつ、良い練習方法を思いつきました。



質問をしてくださった生徒さんには感謝です。


こうして私も成長させていただいています。



 



冬の発表会も、選曲の時期になりました。


1年の練習の成果を発揮できるよう、


みなさまとともに頑張りたいと思います!

留言


bottom of page