舞曲は難しい…


ピアノの先生とのコラボ動画、


早くも今回、第17弾となりました。



緊急事態宣言中に、


生徒さんとコミュニケーションをとりたくて始めたこの企画、


こんなに長く続くことになろうとは・・・




やり始めると、


動画の撮り方とか、


編集の仕方、


リモートでの演奏の仕方(合わせなど)、、、



いろいろ試行錯誤していると


どんどん上手くなってきたり、


いろいろなアイデアもでてきたりするので、


やめ時がわからなくなっています!笑



ちなみに、次の次の曲まで、曲目が決まっているという。。。笑



なんてストイックな私たち!!




もはや、みなさんに聴いていただきたいというのを超えて、


自分の演奏技術の維持のために必要なものになっていっている感じすらします。


(このご時世、なかなか本番がないので…)






さて、今回挑戦したのは、


バルトーク作曲の「ルーマニア民俗舞曲」です。



バルトーク・・・


吹奏楽をやっている方に有名なのは、「中国の不思議な役人」でしょうか。


私が学生時代は「役人!」とか言ってました。


わたし、こういう曲が大好きで、かっこいい〜!やりたい!!!


って思っていましたが、いまだこの曲を演奏することは叶っていません。



バルトークは、フルートの作品もないと思われるので、


今回が初バルトークでした。



「ルーマニア民俗舞曲」は、ピアノ曲で、


テレビなどでもたまに使われていたりするので聴いたことがある方も多いと思います。


それを今回は、フルートとピアノというアレンジで。



舞曲はテンポが揺れるので、さすがに合わせが難しくて、


ところどころズレてはいますが、、、


バルトークの雰囲気は味わえました!!