モーツァルト/フルート協奏曲第2番


おすすめ動画コーナー、始めました!

初回は、やっぱりコレですね!

モーツァルトのフルートコンチェルト。

モーツァルトは、フルートのために2曲のコンチェルト(協奏曲)を残しています。

第1番、ト長調、KV313

第2番、ニ長調、KV314

モーツァルトは、フルートという楽器があまり好きではなかったようで、

この2曲も、依頼があったため、お金のために書いたと言われています。

特にこの第2番は、

自身が作曲した「オーボエ協奏曲ハ長調」をニ長調に転調し、

少しだけ動きを変えているだけなので、

モーツァルトはギャランティを半分しかもらえなかった、

というのは、あまりにも有名な話です。

私個人的には、

この曲は、人生で最もたくさん勉強した曲で、

いままでに、

安田久美子先生(高校生の時に、初めて習った先生)

中野富雄先生(元NHK交響楽団首席フルート奏者、大学時代の恩師)

はもちろんのこと、