師匠


私のフルートの師匠というのは2人いらっしゃって、

おひとりは、高校生の時に音大受験に付き合ってくださった先生と、

もうおひとりは、音大時代に育てていただいた先生。

音大時代から、卒業したあとも、何かと面倒をみてくださったのが、

NHK交響楽団の首席フルート奏者だった中野富雄先生でした。

中野富雄先生は、ちょうど2年前、62歳という若さで天国へ行ってしまいました。

私はいままで、祖父や祖母、叔父、高校の先輩、音楽仲間を亡くしてきましたが、

フルートの師匠を亡くすというのは、

心の拠り所をなくすような感じで、

他とは違った、なんとも表現できない感情になりました。

先生は、私が学生のころから心臓に持病を持ち、

それでもNHK交響楽団の首席フルート奏者としていつも舞台に立ち、

透き通った、とても響きのいい音色で、

たくさんの曲を演奏していました。

私が先生に初めてお会いしたのは高校生のころで、

いままでテレビでずっと見ていた先生の音って、実際どんな感じなんだろう、、、

と、わくわくしながらレッスンに行き、

間近でその音を聴いたときには、

私の予想をはるかに超えた、

大きくでずっしりした、響きのある音で

すごく感動したのを覚えています。

音大に入ったら、下手だった私を弟子にしてくれて、

ほめて伸ばしてくださる先生でした。

私は高校生のときは部活動で、

「下手くそ!」と顧問の先生からののしられながら練習していたので、

そのギャップがあまりにも大きすぎて、

逆に物足りないというか、、、

私、このままで大丈夫なんだろうか。。。