メトロノーム


さて、発表会までいよいよ1週間を切りました!

みなさん、メトロノームを使って練習してますか?笑

吹けるようになってくると、

パラパラと早いテンポで練習しがちですが、

本番前に、もういちどメトロノームを使って正確にテンポをとるのは、

とっても大事な練習です!

私は、本番前には「倍テンポ」で練習するようにしています。

「倍テンポ」とは、、、

例えば、四分音符96の曲だとしたら、

メトロノームを96にして、

四分音符96ではなく、

「八分音符」を96でとる練習です。

つまり、倍の遅さになります。

これで1曲を通すと、通常の倍の時間がかかるので、

体力や息がしんどくて、

いつものテンポで通したときに「ラクだなあ〜」って感じると思います!!

それと、

テンポを自由自在に操れるようになることで、

本番で緊張してテンポが狂ったり、

ピアニストとのテンポ感の違いが少々あったとしても乗り切れます!

あとは、

ゆっくり演奏したときに走ってしまう(早くなってしまう)箇所や、

リズムが正確にとれなかったり転んでしまったりする箇所は

通常のテンポになった時にも同じようなことがおこるので注意が必要です。

というわけで、

メトロノームというものは、

音楽を演奏する限り、一生必要なものです。