音符カード


フルートの初心者 大歓迎の 当フルート教室ですが、

「初心者」と ひとくちに言っても、

楽譜を読める初心者さんと、

楽譜を読めない初心者さんが いらっしゃいます。

フルートは、音を出すことが 難しい楽器なので、

楽譜を読める初心者さんは、

指使いを覚えて、音を出すことだけに 専念できますが、

楽譜を読めない初心者さんは、

まず、書かれた音を認識するのに 時間がかかって、

「ド」だな、と理解してから フルートの指使いを確かめ、

それから 音を出すことになるので、すごく大変ですよね。

フルートを習いに来ているのに、

楽譜の時点でつまづいてしまっては、

フルートも キライになってしまうかもしれません。。。

当フルート教室では、

楽譜を読めない生徒さんでも 安心してフルートを演奏していただけるような

レッスンを行っております。

レッスン方法は 企業秘密なので ここではお話しできませんが、

楽譜も読めるようになって、フルートも吹けるようになるように、

レッスンしています。

大人の方とお子様では またアプローチが違ってくるのですが、

お子様のレッスン用に、

「音符カード」を導入してみました!

世の中には、ピアノのレッスン用のグッズはたくさんあるのですが、

フルート用というのはなく、

小さいお子さんのための教則本もありません。

ピアノは、可愛らしい絵が載っていて 楽しそうな教本がたくさんあるのに・・・。

もちろん「音符カード」も ピアノ用しかないので、

購入してみたものの、中音域の「ソ」までしかありませんでした。

それだと フルートの音域3オクターブのうちの半分しか網羅できないので、

「ソ」から上を 手書きで書いてみました!

で、「ラ」から上を書き始めたものの、

どこまでいこう・・・。

迷って4オクターブ目の「ド」まで書いてみました 笑

なかなか4オクターブ目の「ド」を 手書きで書くことってないので、

斬新でした。。。

このカードを使うときがくるといいなあ、、、という願いも込めて。。。

#フルート教室