伴奏合わせ


昨日、発表会の伴奏合わせが無事終了しました!

参加されたみなさま、お疲れ様でした!

発表会は何度目の出演だかわからないほどベテランの方や、

ピアノと合わせるのは初めてだった方、

発表会の出演が初めてなので何が何だかわからず終わった方、

ピアノの先生がいても動じず、普段通り吹ける方、

緊張して、普段吹けるところが吹けなくなってしまう大人の方、、、

事の重大さがわかっていなくていつもどおり吹ける小学生(笑)

などなど!

みなさん、

普段のレッスンとはちがう一面を見せていただきました!!

ほとんどの方は緊張していましたが、

私はとーっても楽しかったです(笑)

本番でどんな演奏を聴かせていただけるのか、

ますます楽しみになりました!

今日、みなさまの伴奏合わせにお付きあいいただいた

2人のピアノの先生、

お二人とも、

みなさまの、年に1度のステージが良いものになるように

一生懸命練習してくださっています。

その他にも、

当日、みなさまの演奏のために協力してくださる

ホールの舞台担当の方や、

ステージで譜面台やピアノのふたの開け閉めなどをしてくださるステージマネージャーさん、

音響、照明さん、

影アナウンス、

受付などのスタッフ、

カメラマンさん、などなど。

演奏者というのは、

たくさんの人たちの協力があってこそ、舞台に立てるのです。

そのことに感謝して、

のこり20日間、少しでもいい演奏ができるようにがんばりましょう!

悔いのないようにがんばれば、

当日どんな演奏になろうとも、

きっと演奏後のお酒の味は格別ですよ!!(大人だけですが・・・)

#フルート教室