羊と鋼の森


めずらしく、本を読みました。

ここ最近は仕事が忙しく、

時間があれば、趣味の作曲とテレビドラマを見ることに時間を使っていたので、

本を読むのはとても久しぶりでしたが、

ある生徒さんに勧められたのがきっかけで、この本を読んでみました。

宮下奈都さんの「羊と鋼の森」は、

2016年本屋大賞を受賞した作品で、

ある青年が高校生の時に学校の体育館にあるピアノを調律しているのを見て、

調律師を目指し、成長していく物語。

「羊」は、ピアノの弦をたたくハンマーについている羊毛で出来たフェルト

「鋼」は、ピアノの弦

「森」は、ピアノの外枠の木材だったり青年の人生だったり。

タイトルがピアノを表しているのだそうですが、

その生徒さんも、ピアノの調律師さんのお話しだとは思わずに

この本を手にとったそうです。

物語は、最初から最後までとても静かに、

でも情熱にあふれた、

あたたかい気持ちになるお話しでした。

たまには本を読むのもいいですね。

静かに、ゆっくり時間をとってリラックスしたいものです。