第10回colorful concertに向けて


今年(来年になってしまいましたが、、、)の発表会の会場がやっと押さえられて一安心‼️

しているヒマもなく、、、。

準備や、生徒さんの選曲などで頭がいっぱいです、、、。

発表会は、生徒さんが主役なので、

内輪ネタはどうかと思うのですが、

今日だけ、裏方の想いを綴ります。

来年1/14の発表会は、「第10回」です。

「10」という数字だけ見れば、

節目の回だね〜!

ということになるのですが、

私にとってはこれまでの1回1回全て、とても大切にやってきました。

今回、「第10回」を迎えられるのも、

「第1回」があったからこそで、

そこから、「第2回」「第3回」と、

反省と改善、そして発展を繰り返しながら

ここまできました。

記念すべき「第1回」は、

私のとんでもない思いつきから始まりました。

それは、

生徒3人で発表会をやる

というもの。

音楽大学を出てまもなく、

教室も開いたばかりで、

生徒が3人しかいなかったのですが、

どうしても発表会をやりたかったのです。

生徒は全員小学生だったので、

他の子のレベルもわからず、

のほほんとレッスンを受ける生徒や、

毎日きちんと練習時間を決めて宿題をきちんとこなす生徒、