ピンチ!


いやー、あっという間に11月入ってしまいましたね…

前回、銀歯がとれた話をしたら、

心配してくださった生徒さんがいらっしゃいましたが、

なんとか違和感なくなってきました!

銀歯がとれたあと、

仮のフタがついた状態で、

超都会の、超有名企業さんの会社まで出向いて

演奏したりしなきゃならないことがあったりして

けっこうピンチだったのですが、

なんとかそれを切り抜け、

今は新しい銀歯が入り、

最初は物が詰まっているような違和感があったのですが、

それもだいぶ落ち着きました!

それと、

楽器が壊れそうだったのも、

心配してくださった生徒さんがいらっしゃったのですが、

こちらは結局2週間以上の入院となってしまい、

けっこうダメージが大きかったのですが、

昨日やっと退院できました!!

10月は本当にいろいろありまして。

さすが本厄だなぁ〜という感じでしたが、

(厄払いは行ってるんですけどねぇ)

11月は、歯も、楽器も心機一転、

頑張りたいと思います!!

それにしても、ピンチっていうのは本当に突然やってきますよね、、、。

この業界、10年以上やっていますけど、

本当にいろいろなピンチを乗り越えてきました。

本番10日前に吹奏楽のオファーいただいて

2時間分のプログラムをこなしたり、

アンサンブルで、前日リハ終わったその夜に、

やっぱりパートを変更してください、と言われ、

当日の朝に練習して舞台に乗ったり、、、

朝、「今日の夜あいてる?」と言われ、

昼、大量の楽譜が送られてきて、

夜、ピアニストとぶっつけ本番を60分、、、とか、

歌の人との当日のリハーサルで、

今日は調子がいいから半音上げたい、と言われ、

開場から開演までの数十分で、フルートの楽譜を半音上げたり…

なんて時もありました。

他にも数え切れないくらいたくさんあります。。。

こうしたピンチは、

その時はすごく大変で焦るのですが、

それを乗り越えたら成長することができるし、

なにより、

ピンチを乗り越えたあとのビールの味、最高!!!

生徒のみなさんは、2ヶ月後に本番が迫ってきました。

初めて舞台で演奏される方もいらっしゃいます。

本番というのは練習通りにはいかないものです。

いつものように息が吸えなかったり、

音が思うように出なくなるかもしれません。

でも、それでもいいじゃないですか!

私と違って、仕事がなくなるわけではなし!!!

舞台上でピンチになることがあるかもしれませんが、

それを乗り越えて、共に成長していきましょう!!

とりあえず、1ヶ月後に控えた伴奏合わせ、

頑張りましょう〜!!!

(これもけっこう緊張しますよ☆)

#フルート教室