集大成


世の吹奏楽人たちは、

来年度のコンクール課題曲が発売され、音出しを始めている学校/団体もありますが、

オーケストラの方々は、定期演奏会に向けて頑張っている時期だったりします。

高校3年生の生徒さんから、演奏会のお知らせをいただきました!

高校3年生の定期演奏会というのは、

高校生最後の演奏会なので、やはり特別な思いがあるものです。

彼女は、高校1年生だった2016年1月11日に初めてうちにレッスンにきました。

中学の3年間は、公立中学校の吹奏楽部でフルート奏者として活動していたということで、

初めて演奏を聴かせてもらったときは、正直、

中学校や高校などに初めてパートレッスンに行く時に見る学生さんと同じような感じでした。

楽器の持ち方(指の置き方)がヘンで、高音の指回りがうまくいってなかったり、

タンギングが弱かったり、

ブリッチャルディキイを知らなかったり、

指使いすらも、ちょっとあやしかった。

でも、音色は、抜群に良かった。

そんなことを思い出します。

レッスンを開始してからは、

ロングトーンに始まり、

音の切り方、

ビブラート、

アーティキュレーションの出し方、

フレーズのつなげ方など、

いろいろなことを言ってきましたが、

ほぼ毎回、前回言われたことを改善してレッスンにくるあたり、

さすが、頭のいい子だなぁという感じで、

どんどん上達していきました。