MANGA SYMPHONY「○」


先週の土曜日、

作曲家の岩代太郎さんと、漫画家の浦沢直樹さんのコラボイベントを観に、

東京芸術劇場に出かけてきました!

http://promax.co.jp/mangasymphony/

チラシや、インターネットなどの情報だと、

どんなイベントになるのかイマイチよくわからなかったのですが、

作曲家の岩代太郎さんは、映画「レッドクリフ」が代表作の、とても有名な作曲家で、

個人的には、1997年に放送されたNHK連続テレビ小説「あぐり」テーマ曲が好きなのですが、

この方の音楽をナマで聴けるのなら、と思い、チケットを入手しました。

私は、漫画をあまり読まないので、浦沢直樹さんのことはあまり知りませんでしたが、

1年ほど前に、最近流行りのアレで世間を騒がせていたので、

名前だけは知っている、という程度でした。

東京芸術劇場で、

オーケストラが東フィルだったので、

クラシックのコンサートの雰囲気なのかと思っていましたが、

会場についてみると、

ほぼ浦沢直樹ファン!!(たぶん・・・)

オーケストラのコンサートとは明らかに年齢層が違いました。

2部に、初演の交響曲 MANGA SYMPHONY「○」が演奏され、

全部で8楽章まであったのですが、

1楽章づつ、盛大な拍手がおこってました!!

舞台で演奏していた東フィルのヴィオラ奏者の女性も、

浦沢直樹ファンだとおっしゃっていました。

岩代太郎さんの音楽は、期待どおりとても素晴らしかったですが、

最後の楽章で、

生演奏とともに、ライブで絵を描き上げていく浦沢直樹さんも、

本当に素晴らしかった!!

(「ライブドローイング」というらしい・・・)

瞬間芸術である生演奏は、一音奏でられては消えていき、を繰り返し、

浦沢さんの絵は、一筆ごとに形になっていき、完成されていく、、、。

逆のようで、同じ芸術。

音楽と絵、両方がナマというのは、なかなか見ることができないものだと思いました。

舞台上の巨大スクリーンとか、設備も大掛かりだったので大変なんだろうとは思いますが、

またこういう機会があればいいなぁ〜と思います。