レッスンを受ける時にやっていること


先週、お盆休みをいただいていたのですが、

生徒さんみなさんも、いろいろなところに行かれているようで、

いいですね〜

生徒さんから、

「先生はどこか行かれるんですか?」と聞かれたので、

「家にこもって作曲に没頭します!」

と答えたら、

「音楽家って、どういうところに出かけるのか興味があって…」

と言われまして、、、、

期待通りのお答えができず、すみません・・・

って感じでした。。。。

そりゃあ、「フランス」とか「ドイツ」とか、

ミュージシャンっぽいこと言ってみたいですけど、

癒しを求めるなら、音楽がないところに行きたいですね〜

以前ハワイに行った時に、

早朝に海を眺めながらぼーっとしてた時とか最高でしたね〜

で、家にこもって作曲していたのは、

作曲のレッスンに行く予定があったからなのですが、

がんばった甲斐あって、

無事にレッスンの準備を終えて、レッスンに行けました!

レッスンの時は、いつも、

自分が作っていった楽譜に、先生がおっしゃったことを書くのですが、

それとは別にノートを用意していて、

レッスンが終わったあと、そのノートにまとめを書くようにしているのです。

1回のレッスンで1〜2ページ、

こんなふうに、ただ箇条書きにツラツラと書くだけなのですが、

これがけっこう、あとから見返したときに役立つことがあるので、

作曲を習い始めたときから続けているのですが、

ほめられたことを書いておく!

これ、超オススメですよ!!

趣味で楽しくやっているとはいえ、大変な時もあるじゃないですか。

そんなときに、ほめられたことを読み返してみると、

がんばろう!と思えますよ!!

ほめられたことを、その時だけで終わらせてはもったいない!

メモしておくと、あとからその言葉に救われる時もたくさんありますので、

レッスンを受けてる方は、ぜひためしにやってみてください!

ちなみに、私が最近ほめられたのは、

バイオリンなどの弦楽器の曲を作曲して持って行ったときに、

「フルート奏者が作曲したとは思えないねぇ〜」と言っていただいたことです!!

嬉しい〜!!

以上、自慢でした☆w