さむすぎ


のんびりダラダラ過ごしたお正月はあっという間に過ぎまして、

通常レッスンを開始しております!

うちにお越しのみなさまも、

「お正月は全然練習していません!」と宣言する方や、

お正月だったから練習できた!という方、

お正月の間に、次回の発表会の曲を考えてきた方などなど、

みなさまそれぞれのお正月を過ごされたようですね!

さて、今日はこちらのコンクールの審査をさせていただきました。

写真がヘタだということは、

気になっても言わないようにお願いしますw

私もいままで数々のコンクールを受けてきました。

今日のコンクールは、ソロのコンクールですが、

アンサンブルや吹奏楽など、様々なコンクールがあります。

自分が受ける立場だったときは、

審査員がこわかったんですよね、

粗探しをされて、減点される、、、みたいな。

発表会などのコンサートでも、

お客様のことを、そのように思っている人もいるかもしれません。

でも、審査する側になってみると、

そうではないんですよね。

楽しみたいです、演奏を。

どんな演奏が聴けるのかって、ワクワクしてます。

でも、受ける側はとても真剣ですから、

私たちはそれよりももっともっと真剣に聴きます。

そして、いろいろな角度から、演奏を聴かなくてはいけません。

だからどうしても真剣な顔になってしまいます。

だからこわいと思われるのかもしれません。

どうしたらよいのやら・・・。

今日も素晴らしい演奏がたくさん聴けました!

舞台に立って、何かを表現している人というのは

みんな美しくて、輝いています。

#フルートのこと