音楽のチカラ


おとといにレッスンにいらした中学生が、

吹奏楽部に所属していて、

卒業式で演奏する曲を持ってきました。

演奏する曲は、

「マイウェイ」と「卒業写真」。

どちらも、超有名な曲ですよね!

若い人は、知らない人もいるかもしれませんが…。

「マイウェイ」は、

フランクシナトラさんの曲ですが、

日本人も様々な歌手が日本語で歌っていて、

その歌詞が、卒業式なんかにはぴったりで、いいんですよね〜

私も高校生の時に吹奏楽で演奏したことがありまして、

1月末の定期演奏会のトリの曲として定番化されていて、毎年演奏していました。

先輩との最後の演奏だったり、

自分が3年の時は、本当に吹奏楽部の部員としての最後の演奏ということで、

毎年、涙なみだで演奏していた記憶が蘇ってきました。

「卒業写真」は、ユーミンの名曲。

タイトルのとおり、卒業式にはぴったりの曲ですね!

私は、大学生の時に教育実習というものを経験しまして、

自分の出身高校で、音楽の授業をしたのですが、

本っ当〜に、学校の先生になれるような素養がなかったのです。

高校生を相手に、ピアノの伴奏を弾きながら、

「さぁ〜、一緒に歌いましょう〜!」とかやっていたのですが、

まぁ、ピアノも下手だし歌も下手。

生徒を巻き込むのも下手だし、ほんと、地獄のような日々でした笑

(だから学校の音楽の先生は、ピアノ科や声楽科出身が多いです)

生徒はもっと地獄だったに違いない…!

そんな私の姿を見かねた、私の実習担当の先生(高校の時の吹奏楽部顧問)が、

「きみは学校の先生になるのはやめて、フルート奏者になりなさい。

生徒たちに向けたコンサートの機会をつくるから、

自分で企画してやってみなさい」

とおっしゃってくれまして、

そのときに3年生に向けて演奏したのが「卒業写真」でした。

この演奏も、いま思えばとてもうまいとは言えない演奏だったと思いますが、

先生が、「選曲がすばらしかった」と言ってくれて、

教育実習は終了したのでした・・・

そんなことを思い出しました。

その曲を聴いただけで、

当時のことを思い出したり、

忘れていた記憶が蘇ってきたり、、、

音楽は、すごい力を持っているなぁ〜

と、思います!

#フルート教室の生徒さん