マメ


5月に開催予定の、教室のおさらい会で演奏するアンサンブル曲。

この曲なのですが、

参加される皆さんにけっこう好評みたいでうれしいです!!

いままでは、アレンジものが多く、

前回の発表会ではバロックだったので、

今回のような曲は新鮮かもしれませんね〜

みなさん、よく練習していただいていて、うれしい限りです!!

今回は、ホームページに、

参考音源(↑の動画)の他に、

1本ずつの音源なども出しているのですが、

1本ずつの音源は出さなかったり、

全体の参考音源も出さないときもあったり、

その時のメンバーや、曲目などによって変えています。

今回は、初めて参加してくださる方もいらっしゃるので、

手厚くやっております笑

ところで、このようなアンサンブル音源はどうやって作ってるのですか?

と、よく質問されるのですが、、、

マイクでレコーディングした音を、

オーディオインターフェースを通じてパソコンの中に取り込み、

作曲やレコーディング用のソフトを使って編集しています!

(意味がわからない方、大丈夫です!私も数年前までサッパリでした…)

どのように録音するかと言うと、

今回の曲は6パートあるので、

まず、メトロノームのような音に合わせて1stを録音し、

次に録音した1stの音をヘッドフォンで聞きながら2ndを録音します。

そして、1stと2ndを重ねた音をまたヘッドフォンで聞きながら3rdを録音し、

それを6thまで繰り返します。

(↑全部初見演奏なのでこの時点では全体像がわかっていません)

すべて重ねた音を聴いて、全体像が把握できたら、

今度は6thから順に録り直していきます。

さっき演奏した1stから5thまでの演奏を聞きながら6thを録音し、

そのあと5thから1stの順で録り直します。

最後にメトロノームの音を消し、編集します。

(ホールで演奏しているような響きを足したりなどです。)

だいたいいつもこんな感じです。

各パートは2回ずつしか演奏しないので、短い曲だったらそんなに大変ではないのですが、

このような音源を作ると、

「マメですね〜」と生徒さんから褒められることもあります!!照

以前、中学生から褒められたことがあって、あれは嬉しかった〜!

ちなみに、初見で演奏するのは、

楽曲をあえて作り込まず、フラットな演奏がしたいからです。

ですので、録音作品としては良いものではありません。

そもそも同じ人が6パート重ねて、良い作品にはならないですし、

音程とかビブラートとか歌い方とかが揃いすぎちゃって、気持ち悪いですよね笑

あくまで参考演奏としてお聴きいただけたらと思います!

#フルート教室