2020


2020年、始まりましたね!

教室は、5日の日曜日から今年のレッスンを開始いたしました!

今年もよろしくお願いいたします!

年始なので、今年の目標でも語りたいなぁと思うのですが、

レッスンの方は、

生徒さんおひとりおひとりとの信頼関係を

より深く築いていけたらいいなぁと思っています。

いままで長い間、様々な生徒さんと時間を共にさせていただいて思うのが、

信頼関係が築けているかどうかで、

こちらが言うことの伝わり方が違うということです。

全く同じことを言っても、

初めて私のレッスンを受ける方と、

長年のお付き合いをさせていただいている方に言うのでは、

生徒さんの受け取り方が違うんですよね。

それも、生徒さんから学んだことです。

特に大人の生徒さんは、自分でもいろいろと考えているので、

たとえば、発表会の曲の選曲のときに、

私が何曲か提示すると、

「この曲は私には難しいから吹けません」と言われてしまうことがあって、

そういう時は、私もまだまだだなぁと思うのです。。。

まだまだ信用されていないなぁ、と・・・。

「そもそも曲の感じが好きじゃない」とか、

「この先仕事がすごく忙しくなる予定があるから今までのペースで練習できなくなる」とか、

そういった理由なら全然いいのですが、

「自分には難しい」と言われてしまうのは、

やっぱりまだまだ信用が薄いからだと思うので、

もう少し頑張らないとと思いますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このあいだの11月の発表会の時に、

残念ながら1名、欠員がでてしまったんですね。

いままでの発表会でもそういうことがたまーにあって、

そのときは、アンサンブル曲が1名抜けると成り立たないので、

いままではずっと、私が代わりに演奏していたのですが、

今回ふと、他の生徒さんに代わりをお願いしてみようと考えたんです。

大人のアンサンブルは2つのグループあったので、

欠員が出てない方のメンバーの中で、いちばんお付き合いの長い生徒さんに、

もう1曲、アンサンブル曲の追加をお願いしてみることにしました。

欠席される生徒さんの事情をお話しして、

時期がもう、本番の2週間前だったので、

もし、無理だとか、イヤだとか、自信がないとか、少しでも思うようなら、

私が代わりに演奏すればいい話なので、

断ってくれても全然問題ないですよ!と言ったところ、

「いいですよ!」と即答してくれました!

しかも、

「え、どんな曲ですか?」とか、

「楽譜見せてください」とか、

そういうことを一切聞かずにですよ!

これはかなり嬉しかったですね〜

「この人は、自分にできないことを頼んだりはしないだろう」

と思ってくれたのではないかと!

私自身も、本当は生徒さんにお願いするより、

自分で演奏した方がラクです。

生徒さんにイレギュラーなことをお願いして、負担になってはいないか、とか、

本番までに仕上げてくれるだろうか、とか、

いろいろな心配事が増えてしまうので。

だから今までは欠員が出たら自分で演奏していたのですが、

今回は、私も、生徒さんを信じることができて、

本当によかったなぁと思いました。

私、本番当日すごく忙しいので(司会業が笑)、

生徒さんにお願いできて、ラクさせてもらいました!

本当にありがたかったです!

信頼関係、本当に大事!

新しい生徒さんとも少しずつ、信頼関係を築いていきたいです!

今年もどうぞよろしくお願いいたします!