営業時間 10:00-21:00

土曜日 定休

日曜・祝日は、1レッスン制のみの対応となっております  

​© 2009-2019 Naoko Yamamoto Flute Class All Rights Reserved.

当フルート教室のウェブサイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。すでに転載している場合には、直ちに削除してください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

東京都練馬区 updated 2019.10.29.

 

●歩いて通えます♪

 東京メトロ有楽町線 氷川台駅 (徒歩9分)

 西武有楽町線 新桜台駅 (徒歩8分)

 東京メトロ有楽町線 小竹向原駅(徒歩14分)

 西武池袋線 江古田駅 (徒歩16分)

 西武池袋線 桜台駅(徒歩17分)

 

●自転車で通えます♪

 東京メトロ有楽町線 平和台駅

 西武池袋線 練馬駅

 西武池袋線 桜台駅

 

●がんばれば!!自転車で通えます!!

 東武東上線 東武練馬駅

 都営大江戸線 光が丘駅

 

●電車の方

 JR池袋駅より電車で9分+徒歩9分!!

 

●バスの方

 JR赤羽駅よりバスで25分+徒歩4分!!

 (赤羽駅東口より高円寺駅北口行き)

 

●お車の方

 DY桜台2丁目パーキング

 最大料金・駐車後24時間以内/800円

 8:00〜20:00 20分/100円

 20:00〜8:00 60分/100円

 

アクセス
RSS Feed

初心者のフルート選び(頭部管銀製編)

2015/11/23

以前ご紹介した「初心者のフルート選び(購入編)」

 

 

こちらでは、これからフルートを始めてみよう!という

 

全くの初心者の方が購入するのにオススメの楽器をご紹介しました。

 

 

今回は、もう1ランク上のものをがんばってみようかな!という方への

 

オススメをご紹介したいと思います。

 

 

 

前回のオススメは、フルートのほとんどの部分が洋銀・白銅で出来ているものでしたが、

 

今回の「1ランク上」ということで、

 

頭部管(息を入れる部分の管)が銀製のものを見ていきたいと思います。

 

お値段は¥120,000くらい〜¥200,000超えまで、メーカーにより様々です。

 

 

頭部管が銀製のものになりますと、

 

選べるメーカーの種類もぐっと増えますので、

 

選定にもゆっくりと時間をかけて、

 

しっかりと吟味して選びたいですね!

 

 

 

それでは、メーカーとお値段(税込8%)の比較です。

 

 

ヤマハ YFL311(¥140,400-)

 

パール PF665E(¥154,440-)

 

ミヤザワ アトリエ1E  (¥225,720-)

 

サンキョウ エチュード (¥234,360-)《ニューEメカシステム》

 

アルタス A907E  (¥226,800-)

 

ムラマツ EX-CCE (¥267,840-)

 

 

これは、Eメカニズム付きのお値段ですので、

 

Eメカニズムが標準装備されていないものに関しては、

 

Eメカニズムもプラスしたお値段です。

 

(私、Eメカ推奨派なので・・・)

 

 

 

ちなみに楽器のお値段というのはすぐ変わるので、

 

この価格は2015年9月現在のお値段です。

 

(楽器店により、この価格から多少お値引きしていただけます)

 

 

 

どうでしょうか?

 

メーカーによって、お値段が全然違いますよね・・・。

 

このお値段から、多少のお値引きがあるものの、

 

同じ頭部管銀製のものでメーカーが違うだけで、14万円〜27万円の開きがあります。

 

 

さらに、

 

ヤマハ、パール、ミヤザワには頭部管銀製の上位機種もあります。

 

 

ヤマハ YFL517 (¥237,600)

 

パール F6700E  (¥199,800)

 

ミヤザワ アトリエプラス1E (¥258,120)

 

 

 

ムラマツ EX-CCE (¥267,840-)まで予算が許すのでしたら、

 

上記の3本を視野に入れてもいいですね!

 

 

ちなみに、

 

ミヤザワ アトリエプラス1E (¥258,120)に関しては、

 

ライザー(管体とリッププレートをつないでいる部分)に9Kゴールドが使われている、

 

めずらしいタイプです。

 

 

 

 

さて、ネットなんかでは、

 

「中学生が吹奏楽で演奏するにはどのメーカーがいいと思いますか?」とか

 

「趣味で始めようと思っていて、ゆくゆくはアンサンブルなんかもやりたいんだけど、

 

どのメーカーがいいでしょうか?」なんていう質問をよく見かけますけども、

 

上記のものでしたらダメなものはないと思います。

 

 

自分で試奏してみるのがいちばんです。

 

購入することが決まっているのであれば、

 

事前に楽器店へ連絡し、各メーカーのものを揃えておいてもらうことができると思います。

 

 

ぜひ、ネットの評判を鵜呑みにせず、

 

自分で試奏して選びましょう!!

 

「私を買って〜!」と呼んでいる楽器に出会えたら、愛着がわきますよ!!

 

 

Please reload

CD発売しました!

June 12, 2017

1/1
Please reload

最新記事

October 25, 2019

October 17, 2019

October 11, 2019

September 14, 2019

August 22, 2019

July 31, 2019

June 7, 2019

Please reload

Please reload