営業時間 10:00-21:00

土曜日 定休

日曜・祝日は、1レッスン制のみの対応となっております  

​© 2009-2019 Naoko Yamamoto Flute Class All Rights Reserved.

当フルート教室のウェブサイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。すでに転載している場合には、直ちに削除してください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

東京都練馬区 updated 2019.12.12.

 

●歩いて通えます♪

 東京メトロ有楽町線 氷川台駅 (徒歩9分)

 西武有楽町線 新桜台駅 (徒歩8分)

 東京メトロ有楽町線 小竹向原駅(徒歩14分)

 西武池袋線 江古田駅 (徒歩16分)

 西武池袋線 桜台駅(徒歩17分)

 

●自転車で通えます♪

 東京メトロ有楽町線 平和台駅

 西武池袋線 練馬駅

 西武池袋線 桜台駅

 

●がんばれば!!自転車で通えます!!

 東武東上線 東武練馬駅

 都営大江戸線 光が丘駅

 

●電車の方

 JR池袋駅より電車で9分+徒歩9分!!

 

●バスの方

 JR赤羽駅よりバスで25分+徒歩4分!!

 (赤羽駅東口より高円寺駅北口行き)

 

●お車の方

 DY桜台2丁目パーキング

 最大料金・駐車後24時間以内/800円

 8:00〜20:00 20分/100円

 20:00〜8:00 60分/100円

 

アクセス
RSS Feed

楽譜を読みましょう!

2017/08/15

6月からの吹奏楽シーズンもひと段落し、

 

昨日(8/14)から、お盆休みをいただいております!

 

 

一般的な企業ですと、

 

今年は8/11〜8/16の6連休で、

 

いつもより多いみたいですね!

 

 

みなさん、いろんなところへ出かけるみたいで、

 

とーってもうらやましいです!

 

 

我が家はいつも、

 

お盆は、6月からの疲れを癒し、

 

9月に出かけることが多いですね。。。

 

同業なので、疲れる時期も一緒だったりします笑

 

 

 

 

さて、今日は、楽譜を読もう!というお話。

 

 

個人レッスンしていても、吹奏楽のパートレッスンをしていても、

 

楽譜を読んでいない人が多いなぁと感じます。

 

気持ちはすごくよくわかるんです、私もそうだったから。

 

 

まず、「楽譜を読んでいない」または「読めない」人は、

 

「楽譜を読んでいないから読めるようにならない」

 

ということなんですよね。

 

耳の痛い話かもしれませんが、お付き合いください笑

 

 

 

「楽譜を読んでいないから読めるようにならない」

 

でも、「演奏できる」

 

 

こういう人、けっこう多いです。

 

最近、コンピューターが普及してからは、かなり増えています。

 

動画サイトなどで、いろいろな音楽を聴けてしまうからなんですね。

 

つまり、「耳から入れている」ということ。

 

 

もちろん、いろいろな音楽を聴くことはいいことでもあるのですが、

 

使い方を間違うと、とんでもないことになるなぁと、最近よく思います。

 

 

 

「楽譜を読んでいないから読めるようにならない」

 

でも、「演奏できる」

 

 

演奏できるならいいじゃないか、と思われるかもしれません。

 

でも、それではダメなんです、クラシックは。

 

クラシックは楽譜ありきです。

 

楽譜をよく読み込み、

 

作曲家のことや、時代背景などを勉強し、

 

楽譜を忠実に再現する。

 

その上で、自分の表現を加えます。

 

 

動画サイトの演奏をマネる=「耳コピ」なんて言われていますけど、

 

それは、まったく逆のアプローチなのです。

 

 

楽譜をよく読み込み、

 

作曲家のことや、時代背景などを勉強し、

 

楽譜を忠実に再現する。

 

その上で、自分の表現を加える。

 

 

ここまで自分なりにやった上で、

 

他の人の演奏を聴くのはとてもよいことだと思うので、

 

そういう時に動画サイトなんかはとてもありがたい存在だと言えます。

 

 

 

 

もうひとつの理由は、

 

耳コピには限界があるからです。

 

簡単な曲ならできていた耳コピも、

 

曲が難しくなると、耳コピでは音がとれなくなり、

 

そこでフルート自体を挫折することになります。

 

私がそうでした、ピアノですけど。

 

 

ピアノは昔から、ソナチネやソナタ集などもCDが出ていて、

 

母が買ってきて聴いていたんですよ。

 

私はそれを聴いて弾くようになってしまった。

 

弾けるから、わざわざ楽譜を読む事をしなくなった。

 

でも、それでいいと思っていたんですね、私も、母も。

 

だって、弾けるから。

 

 

でも、難しい曲になると聴き取れない。

 

聴き取れない部分を、楽譜を読もうとしても読めない。

 

はい、むりー!笑

 

 

こうして私は挫折していきました。。。

 

そういう人、多いのではないでしょうか?

 

実際、「ピアノは挫折しました」と言ってフルートを習いにくる方、とても多いです。

 

 

 

では、なぜ楽譜が読めなかった私が読めるようになったのか。

 

それはフルートを始めて、楽譜を読まなきゃいけない状況になったからです。

 

私が中学生の時は、パソコンなど普及していませんでしたから、

 

CDを買うか、コンサートに出かける以外に、聴きたい曲を聴ける環境はありませんでした。

 

私がフルートで演奏するのは、吹奏楽曲のみだったので、

 

吹奏楽コンクールで演奏する曲のCDを万が一買ってもらえたとしても、

 

フルート聴こえない・・・(涙)

 

 

それで、楽譜を読まないといけなくなったわけです。

 

 

楽譜が読めない人というのは、

 

リズムがわからない場合が多いです。

 

音は、努力すれば読めますが、

 

リズムは、身体に叩き込まないと難しいので、

 

少しずつ、曲の中で覚えるといいと思います。

 

 

 

実際、楽器経験ゼロの70歳代の女性の生徒さんが、

 

最初は自分の知っている曲しか演奏していませんでしたが、

 

発表会などで様々な人の演奏を聴いたりする中で、

 

自分は楽譜が読めないのだということに気づき、

 

それからは教則本を使って、知らない曲を1から譜読みする練習をして、

 

少しずつですが、確実にリズムも読めるようになっていっています。

 

違って読んできたリズムを、レッスンで説明して直し、

 

身体に叩き込んで帰ってもらいます。

 

帰り道に、そのリズムを歌いながら帰るそうですよ、忘れないように。

 

それで、家でもそのリズムを何度も繰り返し演奏して覚えているようです。

 

ご本人の努力も必要ですが、やはり読んで理解しようとすれば、

 

できるようになるものです、いくつになっても。

 

 

 

 

もう少し吹ける人でも、楽譜を読んでないこと、あります。

 

中学校の吹奏楽部のパートレッスンでのお話。

 

フルートソロを演奏する生徒さんが、スラーの中でブレスをとっていました。

 

いろいろな理由で、スラーの中でブレスをとることは、なくはないのですが、

 

理由を聞いてみると、

 

「〇〇高校(←全国大会常連校)の演奏が、そこでブレスをとっていたので」

 

と言う。。。

 

そこに理由や自分の意見がなければ、楽譜に書いてあることは守らなければいけません。

 

「ブレスをとらずに吹いてみて」と言って吹いてもらうと、

 

ブレスとらずに吹けました。

 

完全に聞き覚えだったということですね。

 

 

 

私は最近作曲をするようになって、

 

楽譜を書くこともあるのですが、

 

ピアニストや弦楽器奏者に演奏してもらう楽譜を書く時に、

 

「スラーはこの音までにするか、その前の音までで切るか」とか、

 

「四分音符スタッカートがいいか、八分音符八分休符がいいか」とか、

 

どのように書いたら演奏者に伝わるか、

 

本当に細かいところまで悩みながら書いています。

 

 

演奏する方も、ぜひ、音とリズムだけ読むのではなく、

 

強弱やアーティキュレーションを見落とさないようにし、

 

テンポ設定や音色など、

 

いろいろなことを楽譜から読み解くようにしていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

CD発売しました!

June 12, 2017

1/1
Please reload

最新記事

December 7, 2019

October 25, 2019

October 17, 2019

October 11, 2019

September 14, 2019

August 22, 2019

Please reload

Please reload