いい音が出る時と出ない時

特に初心者の方に多いのですが、



さっきまでいい音が出ていたのに、


次の瞬間、全然いい音が出なくなった…



ということ、


誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?





昨日は調子良かったのに、今日は全然ダメ。



ということもありますよね。




そのダメ具合は、


『なんか変だなぁ。』


というレベルから、



『スカスカな音になった。』


『全く音が当たらなくなった。』



など、


経験年数などによって様々だと思います。




そのことに特に悩んでいなければいいのですが、


悩んでいる方は、



頭部管と胴部管に印をつけてください!



これ、なかなかやってくれない人も多いですが、


悩んでいるならやってください!



楽器に印をつけることに抵抗がある方も多いんだと思いますが…




フルートを吹く前に、


フルートのセッティングが毎回違うと、


毎回、違う楽器を練習するのと同じくらい違うと、私は思います。


今日はフルートを練習したけど、


明日はクラリネットを練習して、


あさってはサックスを練習しているんじゃ、


フルート上手くならないですよね?



たかが数ミリの話だと思われると思いますが、


私的には1ミリずれるとかなり吹奏感違うので、


口を当てる位置、手の位置、楽器を構える角度、姿勢…


全て変わってきてしまいます。



プロの演奏家も、


いい音を目指して日々悩んでいるのです↓↓↓







油性ペンや、マニキュアで印をつけるのが一般的ですが、


どうしてもイヤだったら、


小さいシールを貼るとか、


マスキングテープの上から書くとか、


ラインストーンを貼るオシャレさんもいらっしゃるみたいです!



とにかく、


印をつける。。。



というか、


毎日同じ状態でセッティングされた楽器で練習する!



悩むのはそれからです!!