ビゼー/アルルの女より「メヌエット」


ビゼー作曲の、アルルの女 第二組曲より「メヌエット」

フルートといえばこの曲、と言われるくらい有名で、

私が中学生のときは、

吹奏楽部で演奏会をするときに、

楽器紹介としてこの曲をよく演奏していました。

ビゼーはフランスの作曲家で、

「アルルの女」は、もともとドーデの戯曲上演のための付随音楽として作曲されました。

しかし!

その時に作曲された27曲のなかに、この「メヌエット」はありません。

現在よく知られているアルルの女は、その中から演奏会用に選ばれた「組曲」ですが、

第一組曲は、ビゼー本人によって組曲にされたもので、

1、前奏曲

2、メヌエット(←こちらのメヌエットではない)

3、アダージェット

4、カリヨン

しかし、第二組曲は、ビゼーが亡くなったあとに、

友人のギローという編曲家が組曲にしたのですが、

まさにこの「メヌエット」だけが、アルルの女からではなく、

「美しきパースの娘」というオペラの、二重唱の伴奏部分から編曲されたそうです。

《第二組曲》

1、パストラール

2、間奏曲

3、メヌエット(←こっちのメヌエット!)

4、ファランドール

さて、フルート奏者にとって大切なレパートリーであるアルルの女メヌエットが、