普門館へ、ありがとう


吹奏楽の聖地、吹奏楽の甲子園とも言われる場所

普門館。

1970年に完成され、

1972年に、初めて「全日本吹奏楽コンクール」の会場として使われました。

1977年から2011年まで(2005年を除く)毎年全国大会の会場として使用されましたが、

2012年5月に耐震強度不足が判明して以降、使用不可となってしまいました。

改修工事が検討されましたが、

建築基準法の規制によって、同じ規模の建物が建てられないため、

2018年11月19日に閉館し、今冬から解体工事が行われるということです。

48年間の間に、特に吹奏楽ファンから愛された普門館は、

最後に、粋な計らいを見せてくれました。

先週1週間、11/5(月)〜11/11(日)の期間に、

普門館の舞台を一般開放してくれたのです。

http://www.kosei-kai.or.jp/fumonkan/

私は、最終日の日曜日に、

レッスンを終えた後、行ってきました!