ピッコロ


最近ちょっと立て続けにピッコロのお悩みをいろいろきいたので、

少し書いてみたいと思います。

吹奏楽やオーケストラなどの所属していると必ずある、ピッコロ問題・・・。

これは避けては通れません!!

昔は、最初に楽器を決める際に、

フルート担当とピッコロ担当に分かれている学校などもありましたが、

ネットが普及したからか、最近はそういう学校はあまり見なくなり、

ほとんどが、フルート奏者がピッコロを兼任します。

まず、吹奏楽部に入って、

トランペットやサックス、打楽器などなど、いろいろな楽器がある中で、

「フルート」を選ぶ人というのは、

どっちかというと、おとなしめ(←自分で言ってて恥ずかしいですが…)で、

目立ちたくない性格の人が多いと思うんですよ。

それで、音が控えめなフルートを選んだというのに、

ある日突然ピッコロを任されることになり、

「超!音が大きくて目立つ!!どうしよう…」

ということが起こります。

さらに、フルートよりも難しく、音程が悪い。

高い音は出ないし、フルートに持ち替えた時にフルートの音が出ない。

みなさん、こういうことに悩みながらピッコロを演奏しています。

じゃあどうしたらよいのか…。

ピッコロを持って、レッスンに来ていただけるのがいちばんですが、

とにかく「たくさん練習する」ことと「慣れ」です。

ピッコロで高音などが出ない生徒さんは、ほとんどの場合、

楽器が悪いか、

フルートと同じ位置にリッププレートを当てているつもりでも違うところに当たっている、

ほぼ、このどちらかですので、

レッスンにいけない人は、鏡を見ながら当てる位置と角度を確かめてみてください。

フルートの半分の長さですので、その分、いろいろな面でシビアになってくるので、

とても難しい楽器です。

でも、ピッコロの練習をがんばっていると、

がんばった分だけ、

フルートだけの人よりも上手くなれるので、

ぜひ強い気持ちを持ってがんばってほしいと思います。

私も高校生のとき、1年と2年のときはピッコロでコンクールに出ました。

本当に大変でしたけど、あの時頑張って本当に良かったと思っています。

●おまけ●

ピッコロをについていろいろ調べていたら、

大変なものを発見してしまいました…

色が選べる・・・!?!?!?!

画像が見にくいと思いますが、

「シルバー」「紫」「黒」が選べるそうです!!??

そして、画像の構え方が、、、

逆!!!!!!!!!

左利き用で、逆に構えるフルートも、なくはないのですが、

これは完全に普通のタイプのものです・・・。

小指ww

#フルートのこと