吸音


3月に引っ越してきてから、

ずっと気になっていた、

部屋の「残響」。

部屋自体が狭いうえに、正方形の形だから、

音がまわって、反響するのだそうです。 

防音室を作ってくださった業者さんは、

ある程度予測はしていて、

部屋の形が完全に正方形にならないように、

一辺の壁を斜めにして設計してくださったり、

天井にも吸音盤を設置してくださったのですが、

それでもやっぱり残響が気になっていました。

そこで、もう一度防音業者さんに相談したら、

吸音パネルをレンタルしてくださって、

1ヶ月くらいかけて、

枚数とか置く場所とかを試していました。

壁も白くて、吸音パネルも白いから分かりづらいですが、

「サーモウール」という、羊毛でできた素材で、

白くてふわふわしたボードです。

なんか、むき出しの状態だと梱包材みたいで、

「生徒さんにゴミを置いてると思われたらどうしよう(>_<)」

と思っていましたが、

おひとりだけ、30代の男性の生徒さんが、

「これ、吸音パネルですか?」と、気づいてくれました!

さすがですね〜

吸音パネルは、もうひとつ、

「グラスウール」というガラス繊維でできた、

綿状の素材もあるみたいですが、

こちらはチクチクした素材なのと、

細かいガラス繊維を吸い込んでしまう可能性があるみたいなので、

「サーモウール」の方を勧めてくださったそうです。

設置する大きさと場所などを決め、

設置完了しましたー!

黄色の吸音パネルに生まれ変わりました!

ちょっと派手かなぁ、と思いましたが、

元気に練習できる色!ということで、、、。

パネルは3枚作っていただいて、

用途に合わせて枚数を変更できるように

天井にピクチャーレールを付けてもらって、

場所も動かせるようになっています‼️

レッスンのときは、

ある程度は響きがないと

生徒さんが演奏していてつまらないと思うので2枚にして、

私の練習と、自宅でレコーディングの仕事をする時には、

3枚にして、響きがほぼないようにします。

都内は家が密集しているので、

防音が大事だとは思っていましたが、

吸音も、その程度によって、

響きが全然違ってくるので、

練習環境を整えるのも、けっこう奥が深いなぁー

と思ったのでありました、、、。